入社後・キャリア別教育体制

専門学校での講師経験もある社長が直々に基礎知識を伝授し、未経験者を約3年でSEに。一生役に立つ技術が身につきます。

一般的に、一人前のSEになるには、同業種のシステムを10年経験する必要があると言われていますが、当社では3年で一人前に育て上げます。入社後は、3ヶ月のコンピュータ基礎研修をご用意しています。
基礎研修終了後は各プロジェクトに配属となり、先輩がマンツーマンで個々のレベルに応じた教育を行っていきます。その他、キャリアにあった研修プログラム等をご用意していますので、一生役立つ技術と専門知識をしっかりと身に付けていただけます。

テキストイメージ

会社で作成したオリジナルテキスト

SEであり教育者でもある会長は、自分で教科書を作ってしまうほど教育熱心。

日本火災海上保険(現:損保ジャパン日本興亜)の
コンピュータ部門の教育や専門学校の講師経験もある会長が中心となって新入社員教育を担当。「教える」「育てる」のスペシャリスト自らがじっくりと教育しますので、約3ヶ月の研修を終えるころには、実際の保険システムをプログラミングできるまでに成長します。

コンピュータ基礎から商品・業界の専門知識までしっかりと教育。

「コンピュータ入門」「言語教育」「保険知識」を中心に、じっくりと教育いたします。ちなみに、これまで多くのコンピュータ未経験者や文系の人がこの研修を経験していますが、落ちこぼれてしまった人はひとりもいません。受講者それぞれのスピードや理解度に合わせた研修ですので、あせらずしっかりと身につけることができます。

新入社員はプロジェクトメンバー(先輩)たち全員が全力でサポートする風土。

3ヶ月の研修を終えたら、いよいよ各プロジェクトに配属となります。ここからは、実務を担当しながら、先輩エンジニアたちがレベルに応じた様々な教育を行っていきます。「新入社員をプロジェクトメンバー全員がサポートしよう!」という風土がしっかりと根付いています。

プロのエンジニアへ向かって、常に新しい技術の習得に全力投球。

プログラマーとしての実力が充分に培われた後は、適正に応じてSEとしての教育も始まり、LANの構築やHP作成、JAVA、ORACLE等の研究についての社内チーム勉強会や外部講師による講習会、さらにはコミュニケーション能力を高める研修など、キャリアや志向に合わせて学ぶことができます。みんなが、課題解決型のプロのSEを目指し、常に新しい技術や幅広い専門知識を習得するために一生懸命打ち込んでいます。

上流工程から任されるプロジェクトが多い当社では、SEになるとシステム全体の設計や顧客との折衝も任されます。お客様のところに出向いて要望や現状の課題を把握するところから、解決のための糸口をみつけ、最適なシステムをつくり上げ、テストして納品するまでの全ての工程を責任もって担当します。
プログラミングがシステム開発のメインと思われがちですが、私たちの仕事はプログラムを組むことがメインではありませんし、お客様に言われた通りにシステムを作るだけの仕事でもありません。むしろ、私たちの方からより良いものを提案する役割を担っています。

1)要件定義
お客様の要望をとりまとめるのが、要件定義です。お客様の要望がわかったら、必要な機能や用いる技術手法、開発期間や予算などを決定します。

2)設計
要件定義で決まった内容をもとに、システム全体の概要を仕様書にまとめ、お客様に確認します。承認が得られたら、システムの詳細な設計書を作成します。

3)プログラミング
設計書にそってシステムを作り上げる開発の工程が、プログラミングです。プログラム言語を用いてソースコードを作成するのが、プログラマーの仕事です。

4)テスト
プログラミングが終わると、設計書どおりに出来ているか、あらゆる角度からテストを行います。その後、実際に動作確認を行い、問題がないかテストします。

5)納品
最後にお客様のところで動作確認を行います。実際に見てもらいながら、作ったものが本当に要望どおり動くのかを確認していただき、納品となります。